ジュエルレインはアトピーでも安心?

ジュエルレインはアトピーでも使える?

 

 

ジュエルレインは敏感肌の方でもしようできると言われていますが、アトピーの方も使用することができるのでしょうか?

 

ジュエルレインが敏感肌の方にも使用できると言われているのは、含まれている成分にこだわりを持っているからなのです。

 

まず鉱物油や石油系界面活性剤のような刺激の強い成分は含まれておらず、アルコールやパラベン・シリコンなどの成分も一切使用していません。

 

使用している成分は化学成分ではなく、植物由来成分ばかりなのです。

 

ここまでこだわって敏感肌の方でも使用できるように作られていますが、アトピーならどうなのでしょうか。

 

アトピーでもジュエルレインを使用することは可能です。

 

アトピーはセラミドと呼ばれる肌に潤いを保つ役割をする成分が、アトピーではない方に比べて比較的少なく、極端に乾燥しがちになります。

 

そのため肌が刺激を受けやすく、少しの刺激でもかゆみを伴う場合があります。

 

だからこそアトピーの方は保湿が重要となります。

 

ジュエルレインは肌を柔軟化させる成分と高保湿成分が配合されており、感想で硬くなった肌を柔らかくし、角質層の奥まで高保湿成分が届くようになっています。

 

特に純度の高いシュガースクワランは、保湿した後しっかりと潤いをその場に保つこともできるのです。

 

ジュエルレインは肌への刺激も少なく作られており、さらにアトピーの方にとって必要な保湿成分がたっぷり配合されています。

 

アトピー肌でもジュエルレインは使うことはできるので、気になる方は試しに使ってみましょう。

 

 

アトピーの人が気を付けたい成分

 

アトピーの方にとって化粧品を使う際には、気をつけておきたい成分があります。

 

成分によっては使うことで肌に刺激を与えてしまい、アトピーによっておきている肌の炎症がひどくなる場合があるのです。

 

どのような成分に注意すれば良いのでしょうか?

 

まず化粧品の定番として含まれていることが多い、合成界面活性剤です。

 

合成界面活性剤は水と油を混ぜることができ、さらに乳化剤や浸透剤など様々な用途で使用されています。

 

そして日焼け止めに使用される紫外線吸収剤にパラベンなどの防腐剤も注意した方が良いでしょう。

 

これらの成分はアトピーの方の肌には強い刺激となります。

 

他にも香料や着色料も、含まれている成分によって刺激となる場合があるのです。

 

さらに合成界面活性剤の代わりに使用されている合成ポリマーも肌へ強い刺激を与える場合があります。

 

アトピーの方はこれらの成分にも注意しながら、使用する化粧品を選ばなければなりません。

 

もしも今、アトピーで辛い思いをしているのであれば、化粧品を見直す、もしくは成分をしっかりとチェックすることも重要です。

 

今ではアトピーの方でも安心して使用できる化粧品も多いので、できるだけアトピー専用の化粧品に変えるようにしましょう。

 

 

パッチテストの重要性

 

アトピーの方も敏感肌の方も、化粧品を使用する前には必ず一度はパッチテストを行うことが大切です。

 

なぜ大切なのかというと、すでに使ってしまってからでは遅すぎるからなのです。

 

パッチテストを行わずにしようした場合、もしも顔だったら顔全体が赤く腫れたり炎症を起こしたり、外に出られないほど炎症を起こしてしまう可能性があります。

 

こうなってしまうと、当分化粧はもちろん基礎化粧品ですら使用することができなくなります。

 

外気にあたることや紫外線を浴びることすら刺激となってしまい、外へ出ることも不可能となる場合もあるでしょう。

 

また炎症後の肌は、シミができてしまったり肌の状態が以前と変わってしまう可能性もあります。

 

使ってしまってからでは遅すぎるほど、重症となってしまうこともあるので、そのような状態になることを防ぐためにも、パッチテストを行うべきなのです。

 

さらに自分はアレルギー体質ではないと思っていても、いきなりアレルギー反応を起こすこともあります。

 

今までは大丈夫だったかもしれませんが、アレルギーはどのタイミングで起きるかわからないのです。

 

パッチテストを軽くみている方も多いのですが、とても重要なテストです。

 

自分の身を守るためにも、どんな化粧品でもまずは最初にパッチテストを行ってから、使用するようにしましょう。

 

お得なジュエルレイン公式↓