ジュエルレインで背中ニキビとシミの両方をケア

ジュエルレインで背中ニキビによるシミ予防

ニキビができていることに気付いてもそのまま放置してしまい、ニキビ跡がシミのように残ってしまったという人は意外と多いのではないでしょうか?
ニキビに気付いてきちんと対処したつもりが、思わぬ炎症で跡になって残ってしまったという人も多いかもしれません。
特に背中にできるニキビは、普段の生活の中で確認する機会が少ないため、気付かないうちに悪化して跡が残ってしまうこともあります。
もしも、背中ニキビができてしまっていることに気付いたら、シミになる前に「ジュエルレイン」で正しい処置をしていきましょう。

 

ジュエルレインは、背中ニキビをケアするために開発された、背中ニキビ専用ケアジェルです。
ニキビを治していくために必要な成分だけでなく、肌を健康な状態へと導いていくための有効成分や保湿成分もたっぷり配合されています。
背中は体の中でも皮脂の分泌量が多い場所なので、何のケアもせずにいるとニキビ菌が増殖しやすくなってしまいます。
ジュエルレインで健康的な肌を保ちながら、やさしくニキビを改善していくことで、シミのようなニキビ跡を残さずきれいに治せるでしょう。

 

 

ニキビ跡がシミになるのはなぜ?

 

 

ニキビ跡がシミのようになって残ってしまうのは、やはりニキビの炎症や化膿が原因です。
ニキビが炎症や化膿を起こし、真皮の毛細血管が破壊されて肌の内側で出血が起こると、赤っぽいシミになって残ってしまいます。
真皮に血液中のヘモグロビンという色素が沈着するので、赤っぽく見えるのです。
また、ニキビによって肌細胞が壊れると、肌のターンオーバーが正常に行われなくなります。
すると、紫外線などの外部からの刺激でメラニンが過剰に生成されるようになり、メラニン色素の沈着による茶色いシミができやすくなってしまいます。
ニキビ跡による赤っぽいシミはヘモグロビンの色素沈着、茶色いシミはメラニンの色素沈着によってできているのです。

 

このようなシミを作らないためには、やはりニキビが悪化する前に治してしまうことが一番です。
市販のニキビ治療薬を使用するのも良いですし、ジュエルレインのような背中ニキビ専用のアイテムを使用するのも良いでしょう。
背中の毛穴に皮脂などの汚れが詰まっていると、ニキビの原因菌が繁殖して背中ニキビができやすくなってしまいます。
日頃から清潔で健康な肌の状態を保ち、ニキビを増やさないことも大切です。
すでにニキビ跡によるシミができてしまっている場合は、肌の状態を回復し、ターンオーバーが正常に行われるようケアしていきましょう。

 

 

 

シミは予防が一番大事

 

 

背中にシミができてしまうと、目立たないぐらいまで薄くしていくのには時間がかかってしまいます。
ニキビ跡が原因の赤いシミは、肌の代謝を高めて赤みを抑えていかなければなりませんし、茶色いシミはターンオーバーによって新しい肌細胞がよみがえるまで根気強くケアを続けなければなりません。
シミをこれ以上増やさないために、まだシミができていない人はシミを作らないために、やはり常日頃から予防ケアをしておくのが良いかと思います。

 

背中にシミを作らないために、まずは背中ニキビができないように予防しましょう。
背中をできるだけ清潔にしておくのはもちろんのこと、ジュエルレインのようなケアアイテムで肌を健康な状態に保っていくのも良いです。
ジュエルレインには、ニキビを予防するための有効成分だけでなく、美肌へと導く成分やターンオーバーを促す保湿成分もたっぷりと含まれています。
背中だけでなく全身に使用できるジェルでもあるので、胸元やお尻などのブツブツが気になりがちな場所も一緒にケアしてしまいましょう。
また、背中ニキビができてしまったときは、炎症や化膿を起こす前に早めに治してしまいましょう。
正しいケアで早めにニキビを治せれば、シミになって残ってしまうことを防げるでしょう。

お得なジュエルレイン公式↓